日本で唯一のマンション保険,マンション総合保険専門代理店,日新火災代理店

15分管理組合の理事会プレゼンですべてが決まる!だから納得いくまでリハーサルする!

    
Share on Facebook
Share on LinkedIn
Pocket

セミナー1

へなちょこ社長の事務所には保険会社の営業より、起業仲間がよく遊びに来る。アポを取って遊びにくるのだけど、僕のFacebookを見て、事務所にいるのを確認してからアポを取って遊びに来る。保険会社の営業の人も、以前はへなちょこ社長がうるさく言うからSNSを使うようになった人がいるけど、会社に来るときはだいたい同じことをしていた。

 

部長
管理会社のプレゼン資料って数字とパンフレットの丸写しが多いですね~~!
へなちょこ社長
そうそう、それでうしたの?結論は?どうしろというの?というような資料が多いね!
部長
その点社長のプレゼン資料は素晴らしい!天下一品ですよ(^^♪しゃべりは下手だけど・・・すぐに顔に出るしね!(^_-)-☆
へなちょこ社長
おいおい、それじゃ褒めてるのかけなしてるのかわからないじゃん!(^-^;

 

今はもう話すも疲れたから何も言わない。

 

 

保険会社からのメールって読まないな~

この4月に、保険会社の営業も大幅に担当変更があり誰がPIAの担当者か知らない保険会社も増えた。邪魔者がこない分仕事がはかどるからいい按配だ。保険会社の担当からのメールも最近みなくなったな。電話があって始めて対応。

 

メールで連絡くれるのもいいけど、何でもかんでもメールやFAXしておけば伝えた!伝わっている!なんて思っているのかなと不思議に思う!最近は見る気もしない。オオカミ少年の保険会社!なんてね・・・大事なことも大事でないことも一緒のレベル。大事なことはどうせ電話来るから読まなくても大丈夫!というへなちょこ流判断!

 

大事な情報なのか?どうでもいい情報なのか?よくわからないメールやFAXが多すぎる。情報は垂れ流しとトヨタの生産方式では言ほけんがいsうけど、垂れ流し過ぎですな・・・(^-^;

 

だらだらと何を言いたいのかわからないような文章ばっかだ。読む気もしない。「想い」も何もあったもんじゃないもんね!

 

情報を受けるのは一人!そんなに頭と記憶力良くないから全部読んだり理解するのは無理!という事を理解したうえで情報発信の仕方を考えてほしいものだ!

 

情報の冒頭に、●●の件、誰に読んでほしいどういう情報か5行以内でサマリー付けてくれるといいのだけどね!何を言いたいのか意味不明のメールが多すぎる。へなちょこ社長の頭のレベルと、読解力のレベルとめんどくさがりやを知っているのかな?代理店への一括送信メールなんて特に読まない。

 

 

 

伝える努力をしないと伝わらないよね!

僕の師匠藤村正宏(ふじむらまさひろ)氏の口癖!「伝わってますか~?」

 

伝える側が、伝えたいことを相手の気持ちにたってこの表現、この伝え方で伝わるかな?と相手の事を考えながら文章を書くことが大事と常々言っている。

社長が「倉庫の荷物を片づけといて!」と朝礼で社員に言った。

 

営業は商品をたたき売って在庫をなくした。

倉庫がかりは、整理整頓して高く積んで空間を開けた

経理は簿外処理して帳簿上で在庫を「0」にした。

 

みんな間違いではない。「片づけた」んですよね・・・・・

 

ちゃんと伝わらない事の方が多いのです。

 

 

 

理事会はまさに伝える練習の場だ

マンション管理組合の理事会で、マンション総合保険(マンション保険)のプレゼンをする。主婦、社会人現役、お年寄りと年齢も性別も仕事もバラバラの理事の方たちにマンション総合保険の考え方と補償のとり方と、何が一番いいのかという選択方法の視点と、結論を30分で理解てもらわないといけない。

 

説明方法、説明文、言葉を選んでシンプルに話さなければ伝わらない。練習もしないで、見積書とパンフレットだけで説明し伝える度胸はへなちょこ社長にはない。お客様は保険会社の社員じゃないから、専門用語使った時点で????でまったく理解できなくなるし伝わらなくなる。

 

ちゃんと事前に提案書書いてわかりやすくアンチョコ書いて何度も何度も納得いくまでリハーサルし修正をする。プロだから当然だよね!理事の皆様はボランティアで限られた時間で理事会やっているからどっかの代理店のように専門用語ばかりで1時間半もしゃべるのはいい迷惑だ。帰れ!っていわれそう!

 

昔のように、提案書の作りも「起・承・転・結」から「序・破・急」スタイルに変更した。皆さん忙しいからね・・・

「前置きは良いから結論は何なの?」と女性の理事長に叫ばれたこともあった。

 

 

30分のプレゼンですべてが決まる理事会

30分のプレゼン時間ですべてが決まる。15分の説明で残りは質問時間。PIAの提案書は「序破急」スタイル「本文」と「参考資料」の2部スタイルにしてる。全部で16ページ。そのうち本文は6ページ、参考資料が10ページくらい。質問が出た場合は参考資料を用いて説明する。

 

理事会は、最初の本文で聞いて検討するに値するかどうか決める。15分が勝負なんですね!そうだとすると、ほんとに伝えたいことは簡潔に言葉を絞りに絞って伝わるようにしゃべるというプレゼン力が必要!練習なんてやって当たりまえ。15分で●●●万円の契約が判断される。

 

貴方だったら練習するでしょ!きっとね・・・

へなちょこ社長は人より喋り方が下手だから納得がいくまで練習!!スマートホンでレジュメ見ながらブツブツとね!


******************

保険のソムリエPIAの詳細は
こちらへ⇒ http://pia-hoken.com/
マンション総合保険の詳細は
こちらへ⇒http://www.pia-hoken.co.jp/
マンション総合保険の概略は
 こちらへ⇒http://pia-hoken.jp/
******************
by鈴木洋二
マンション総合保険の保険ソムリエPIA
医療保険がん保険の保険のソムリエPIA、保険のソムリエサポートセンタ-
DO MY BEST WITH SMILE!

ファイト・・・!!
見直し、見積もりはこちらへ

t02200165_0640048012234565515 (1)

読者登録してね  
東京,神奈川,埼玉,千葉,愛知,岐阜,大阪,兵庫,広島,岡山,仙台福岡,
札幌、横浜,おおみや,千葉,名古屋,岐阜,三重,京都,奈良,
大阪,神戸,静岡,浜松
Share on Facebook
Share on LinkedIn
Pocket