日本で唯一のマンション保険,マンション総合保険専門代理店,日新火災代理店

都内の管理組合より、マンション保険への地震保険の中途付帯の提案依頼があった!

    
Share on Facebook
Share on LinkedIn
Pocket

colorado-river-1719786_640

 

来年1月より、地震保険の値上げ(関東圏で約11%)をうけて、管理組合よりマンション保険に地震保険を中途付帯する依頼が増えてきた。タイムスケジュールにはぎりぎりの選択だけど、一般議決でいけるので検討を急ぐ理事会からの要請だ。

 

気象庁から発表されているデータによると、なるほどと思う。かなり具体的に納得できる。

 

>>>気象庁の東海地震発生の逼迫性

南海トラフから駿河トラフに沿った領域で発生した過去の巨大地震の震源域

<気象庁HPより抜粋>

【東海地震発生の切迫性】

東海地震は、駿河湾から静岡県の内陸部を震源域とするマグニチュード8クラスの巨大地震で、その発生の切迫性が指摘されています。

その根拠として、過去にこの地域で発生した大地震の歴史が挙げられます。駿河湾内にある駿河トラフから四国沖にある南海トラフにかけてのプレート境界では、過去100年から150年おきに岩盤がずれてマグニチュード8クラスの巨大地震が繰り返し起きていたことがわかっています。しかし、前回の地震(東南海地震[1944年、マグニチュード7.9]、南海地震[1946年、マグニチュード8.0])の際には南海トラフ沿いの岩盤だけがずれて、駿河トラフ沿いの岩盤だけがずれずに残ってしまいました。そのため、駿河トラフ周辺の部分の岩盤は160年以上もずれていないことになり、「東海地震はいつ起こってもおかしくない」と言われているのです。

また、駿河湾周辺の地殻のひずみの蓄積状況が測量などによって調べられており、現在まで着実にひずみエネルギーが蓄え続けられていることが確かめられています(図2)。すなわち、駿河湾周辺域は日本列島で最も地殻のひずみが蓄積された地域のひとつであり、このことがさらに東海地震の発生の切迫性を裏付けています。

 

 

 

 

マンション保険に地震保険は必要か?

マンションに地震保険は必要かと言うと、必要ですと答えている。マンションは構造上地震で揺れた場合、構造で震度を吸収するために壊れる部分を意図的に作っている。

 

つまり、車が衝突した時に、人を守るために、ボディで衝撃を吸収するために、壊れるように作られている。ボディが壊れないように頑丈に作っていると人間が壊れてしまう。マンションの構造部も同じ原理です。

 

大地震が起こるたびに言われる言葉「想定外」。安心の為に契約捨てくことも大事。

 

 

 

マンション保険の地震保険の中途付帯は可能か?

5年契約をしているマンション保険は、残りの期間に合わせて一括して地震保険を中途付帯することができる。地震保険単独での契約はできない。つまり、マンション保険の特約として、マンションの契約期間に合わせて中途で付帯することが可能です。

 

【具体例】

マンション保険5年契約、保険料は一時払い

マンション保険の満期まで残り3年6か月

地震保険は3年6か月の契約が可能です。

その時の保険料は契約時点の地震保険料で計算されます

 

つまり、今年の12月31日までに契約すれば、値上がり前の保険料で契約することが可能です。保険料は一時払いとなります。

 

 

 

熊本のマンションは一部損の査定が下りた

PIAでお預かりしている熊本のマンション保険、契約時に地震保険を付帯していたのですが、先の熊本大地震で「一部損」の査定結果がおりて、5月に保険金が支払われました。

 

PIAが地震保険を提案し契約できたこと

一部損に査定されたこと

保険金の支払いが5月と予想外に早かったこと

 

で大変喜んでいただきました。復旧工事を早くはじめる事が出来たと・・・・

 

 

 

マンション共有部が「一部損」査定だと専有部も自動的に「一部損」以上の査定となる

熊本のマンション、管理組合契約のマンション保険が「一部損」と査定されたことにより、専有部でご契約されている「火災保険」に「地震保険」が付帯している契約は、自動的に「一部曽爾上の査定となり、住民すべての方に喜んでいただきました。

 

神戸でも、新潟でも、東北でも被災者の方は、声を揃えておっしゃっています。

 

震災後一番最初に手にしたお金は「地震保険金」だったと・・・・・

 

地震保険は支払われにくいという「噂」がありますが、それは地震保険が建物の「躯体部=構造部」の被害に対して査定されるためにほかなりません。マゾガラスや、構造部以外の被害は、対象とならないために、そういううわさが上がれたのです。

 

ちなみに、地震保険はあの「田中角栄」が作った保険です。いろいろ言われている人ですが、国民の痛みのわかる政治家だったことは間違いないでしょう。

 

>>>>地震保険関連記事はこちら

H29年1月地震保険料値上げに対する契約日別対処方法!第3弾!庶民のささやかな家計費節約方法・・・

 

 

マンション保険、プロとアマチュアには天と地ほどの差がある!解っているつもりが一番危ない!





******************

保険のソムリエPIAの詳細は
こちらへ⇒ http://pia-hoken.com/
マンション総合保険の詳細は
こちらへ⇒http://www.pia-hoken.co.jp/
マンション総合保険の概略は
 こちらへ⇒http://pia-hoken.jp/
******************
by鈴木洋二
マンション総合保険の保険ソムリエPIA
医療保険がん保険の保険のソムリエPIA、保険のソムリエサポートセンタ-
DO MY BEST WITH SMILE!

ファイト・・・!!
見直し、見積もりはこちらへ

t02200165_0640048012234565515 (1)

読者登録してね  
東京,神奈川,埼玉,千葉,愛知,岐阜,大阪,兵庫,広島,岡山,仙台福岡,
札幌、横浜,おおみや,千葉,名古屋,岐阜,三重,京都,奈良,
大阪,神戸,静岡,浜松

 

Share on Facebook
Share on LinkedIn
Pocket