日本で唯一のマンション保険,マンション総合保険専門代理店,日新火災代理店

圧倒的にいい商品を出せば、売れる時代だ!!保険商品もプロダクトだ・・・・

    
Share on Facebook
Share on LinkedIn
Pocket

relay-race-655353_1280

お客様から、見積もりをお願いしますと依頼されて見積もりを出す。当たり前の見積もりを出すと現代は出した時点でどこの保険会社で契約するか決まってしまう。1996年以降、保険業界の規制緩和が始まり、保険料の自由化が始まって保険料は各社まちまちなんです。それだけ商品力に差がある時代になった。認知されてはいないけどね・・・

 

それ以前はと言うと、各社同じ保険料で営々と営業が続けられてきたのです。だから、誰と契約するかと言うと、商品、保険料、補償内容に差がないと、当然誰が好きで誰が一番仲が良いかという事になる。人間関係で契約が決まっていた。

 

それともう一つの要因は、営業員の数で売り上げが決まっていた時代だった。

 

 

 

現代の競争は人間関係だけ、営業人数では決まらない

人間関係、お付き合いの前提は保険料や補償内容があまり変わらないという前提であったが、保険料の自由化が始まった。マンション保険業界でも、ある管理組合のマンション保険尾保険料は600万、もう2社は1200万、もう1社は2400万なんてことが今年初めにあった。

 

もうお付き合いや人間関係では決められないよね。同じ補償内容で、保険料が600万も1800万も変わる、つまり倍、3倍になってしまう。こういう現実を踏まえると、昔の感覚で保険契約するって取っても怖いことなんです。でもね、ほとんどの管理組合様は昔の感覚で、仲のいい管理会社に丸投げしてしまう。所が今や他の商品でもそういう事が現実に起こっているのです。

 

今の時代、すべての商品において、常に比較検討という事が大事。自由競争という事はそういう事。

 

同じ補償内容なら保険料ができるだけ安い

保険料が同じなら補償内容をできるだけよくする

 

そういう努力が保険会社には要求される。代理店にとっても、競争力のおある商品を取り扱うという事が、代理店生き残りの必要十分条件となる。2400万円お保険料の商品を扱う代理店は、見積もりを出した時点でもはや採用されないので契約になりません。

 

お客様が望む商品を扱うという事がこれからは大事になってくる。できない代理店のお客様は生保も損保も40社以上を扱っている、ショップにお客様が移動してしまうという事になる。

 

お客様が、保険会社も商品も代理店も選ぶ時代になった。

 

 

良い商品を作れば営業員の数は関係ない

今までは、人海戦術で商品を販売していた。だから、保険会社の営業員数、代理店の営業員数に比例して売り上げが決まっていた。今はもう違う。お客様がいい商品を指名してくる時代になった。いい商品を出せば、契約になる時代になった。動きの鈍い保険会社から順番に数字が減少していく。

 

お客様にとっていい商品を出し、お客様に徹底して熟知することができれば営業の質なんて関係ない。勝手に商品が売れていく。特に損害保険の業界は典型的なご護送船団方式の業界だから、差別化がすごくしやすい。

 

決断して実行するスピードがある会社が生き残っていく。契約規模が大きい会社ほどその決断が遅れ、契約規模を必死でまず守ろうとするから、シャープや東芝のように手遅れになる可能性が大きい。

 

小泉元首相が言ったように、今の体制をぶち壊すんだ!という「0」から発想で、商品も営業体制も、代理店体制も変えるつもりで取り組めない会社に未来はない。

 

 

自由競争の時代に専属代理店は生き残れない

自由競争の時代は、保険商品の優劣にほかならない。

商品内容

保険料

他社のまねのできない仕組み

 

で圧倒的な差がある商品を市場に出した会社が売り上げが伸びて、出せなかった会社は売り上げが激減する。生保は、エイジアップがあり契約期間が長いから、まだ影響を受けにくいが、損害保険商品は1年契約なので、1年ごとに商品によって売り上げが大幅に移動するのであっという間に立場が逆転する。

 

まさに、今の時代、損害保険業界の生殺与奪のポイントを商品部が握っていることになる。圧倒的な商品を出し続けた保険会社が売り上げを伸ばし、生き残ることができる。

 

つまり、代理店は特にそうだ。いい商品を出し続ける保険会社を扱っている代理店だけが生き残ることができるという事になる。だって商品力がない保険会社を扱っていると、見積もりを出した時点でもう契約にならないことが分かっているから・・・・

 

保険会社に徹底してその点を情報発信され続けられて、お客様に知れ渡ってくると、取り扱いのない代理店の出番は永遠に訪れないから・・・・

 

ひっくり返して言うと、そういう商品をもっている保険会社は徹底した情報発信することが、一番効果的な方法であるという事。お客様から見積もり依頼が来るのが一番強いし、効率的だ。

 

つまり代理店を通じてお客様に情報を発信するのではなく、保険会社がダイレクトにあらゆる媒体(SNSも含む)を通じてお客様へ情報発信した会社が生き残る時代になる。イメージ広告から、商品力告知広告への転換だね。

 

 

 

常識をぶち壊せ

家は簡単に燃えない時代になった。

マンションは低層マンションとタワーマンションでは違う

タワーマンションのスプリンクラーの水はどこにいくのか?

車は事故を起こさない時代になった

地震に強い家になった

マンションはマンション保険では再建できない

専有部と共有部にわける必要はあるのか?

専属代理店の売り上げは伸びていない

乗合代理店の売り上げは伸びている

乗合代理店の総売り上げを把握しているか?

今の代理店制度では専門特化型代理店は育たない

手数料体系は減点型から加点方へ転換すれば売り上げは伸びる

保険会社の説明はお客様には届いていないし理解できていない

保険会社がお客様に推薦する代理店はどこ?

商品力の差で売り上げを落とすと代理店の手数料が減らされる?

 

 

SONYのファウンダーの盛田さんがよく言っていた言葉。

「保険もプロダクトだ、売り込みをしなくてもお客様が黙って買ってくれるような商品を出せ!」

と・・・

 

>>>>前回の記事はこちら・・・

契約を取ればとるほど事務作業が増える保険業界!気分がなえてしまう・・・・





******************

保険のソムリエPIAの詳細は
こちらへ⇒ http://pia-hoken.com/
マンション総合保険の詳細は
こちらへ⇒http://www.pia-hoken.co.jp/
マンション総合保険の概略は
 こちらへ⇒http://pia-hoken.jp/
******************
by鈴木洋二
マンション総合保険の保険ソムリエPIA
医療保険がん保険の保険のソムリエPIA、保険のソムリエサポートセンタ-
DO MY BEST WITH SMILE!

ファイト・・・!!
見直し、見積もりはこちらへ

t02200165_0640048012234565515 (1)

読者登録してね
東京,神奈川,埼玉,千葉,愛知,岐阜,大阪,兵庫,広島,岡山,仙台福岡,
札幌、横浜,おおみや,千葉,名古屋,岐阜,三重,京都,奈良,
大阪,神戸,静岡,浜松

 

Share on Facebook
Share on LinkedIn
Pocket